温かな気仙沼の食卓 “斉藤家の味”をつないで

株式会社斉吉商店 金のさんま

4世代で暮らす斉吉商店 代表取締役社長の斉藤純夫氏。気仙沼の家族団らんの傍らにいつもあるさんまで「勝負したい」と語る

家族で囲む食卓の“いつもの味”。震災の被害に遭いながらも、かろうじて守り続けることができたその味を継承するために。

「価値観を変えたい」地元への想い

さんまは「銀の魚」といわれる。銀色にきらめくそのうろこが理由だが、斉吉商店のさんまの佃煮『金のさんま』は文字通り金色に輝く。皮目がきれいに炊きあがると、色が金色に見える。なにも奇をてらったり、高級イメージを打ち出したいわけでもない。自然についた商品名だ。

金のさんま宣材:『金のさんま』は一口では食べられないサイズ。だが斉藤家ではいつもこのサイズなので、そこを変えてしまっては「斉藤家らしくない」

気仙沼の家庭ではどこでもさんまの佃煮を作るという。シーズンになればいくらでも手に入るので、保存するために佃煮にするのだ。同じようにさんま漁がさかんな北海道ではこの佃煮を作る習慣はない。三陸に南下してきてちょっと脂が落ちたころのさんまこそが佃煮に適しているからだ。さんまの佃煮は気仙沼ならでは、気仙沼では誰もが食べている思い入れのある食べ物なのである。

そんな大衆的な料理を主力商品に据えたのには理由がある、と斉吉商店の代表取締役社長・斉藤純夫氏はいう。「さんまだって、マグロと同じように漁師は命がけで獲ってくるんです。それなのに、いくらでもあるものだからと、あまりもの扱い。産地にいると、つい自らその価値を下げてしまっていると気がつきました」。大正10年に気仙沼に食品小売店として開業、昭和25年に廻船問屋としての業務を開始して以来、気仙沼の漁業に携わってきたからこその強い想い。「さんまの価値を高めたい」という気持ちが、商品化へと突き動かしたのである。

規模縮小が被災からの早期復帰のキーに

実は食品加工部門を設立してからしばらくは、卸売専門で注文を受けてから食品加工を請け負う業態であった斉吉商店。多品種、多様なラインを一度に操業するスタイルであったが、ひとつ不具合が生じるとすべてが止まってしまうため、卸をやめ独自商品を開発する取り組みを始めたのが『金のさんま』誕生のきっかけだ。家庭で食べるさんまの佃煮だけに、その気仙沼の食卓の雰囲気やぬくもりを伝えたい。オートメーション化を止め、できる限り手作業でていねいに作り込む。たれは斉藤家で代々受け継がれている家庭の味。特別な調味料は使わず、かえしを何度もつぎ足すことでその味を守り続けてきた。

そんな折に起こったのが、2011年3月11日の東日本大震災である。臨海に位置する斉吉商店の本社も、工場も、なにもかも流されすべてを失ったかに見えたが、従業員のひとりがたれを携えて避難していた。途中、車ごと波にまかれたが、流された先で水をかぶることなくたれは無事に見つかったという。なにかあったときは「命の次に持ち出すのがたれ」と普段から冗談のように言っていたのが、まさか現実になるとは。おかげで、被災後すぐに業務を再開することができた。これまでも手作りできるところは極力そうしてきたが、ほとんどの工程が手作業に切り替わった。工場は失ったが、ノウハウだけは残っている。試行錯誤しながら作り上げた自信作がこの『金のさんま』なのである。

次世代をつなぐ「吉」の字

もうひとつ、早期再開を手助けしたものがある。波にさらわれてしまった本店に掲げてあった「斉吉商店」の「吉」の字が、がれきの中から見つかると、まるでそれが呼び水となったかのように、他所で勉強していた3人の子供たちが家業を手伝うべく戻ってきたのだ。「もともと長男は家業を継いでもらうつもりで育てていましたが、次男や長女までも戻ってくれました」と笑みを浮かべる斉藤社長。「常に自分らしく」と子供たちに伝えてきたが、美術大学に通った次男はその技術を活かしウェブサイトを担当、さっそく通信販売での販路を拓いた。復興に向けて、家族が一丸となることができたのだ。

がれきの中から知人が見つけてくれた「吉」の字。なにもかも失ったようで、手元に残っているものもある

本店を失った斉吉商店は今、ウェブを柱に販売をしている。「私たちは常に浜を向いて仕事をしてきましたから、この先もここを動くことはない。時代とともに変わるものがあれば、それに合わせてこちらもやり方を変えていくだけです」と、次世代に合せスタイルを変えていくことを厭わない。そうは言いながらも、相変わらずデパートの催事には積極的に参加し、電話での注文も受け付ける。時間も手間もかかるのにそうするのは、「直接お客さまと話ができますから」。催事場では“久しぶり”と毎回足を運んでくれるお客さまもいるし、商品をアレンジしたそれぞれの家庭でのレシピを教えてもらうこともあるという。やっぱり大切なのは人。この理念もまた、次世代につないでいきたいもののひとつである。

企業情報COMPANY

企業名 株式会社斉吉商店
住所 宮城県気仙沼市潮見町2丁目100-1
TEL 0226-22-0669
URL https://www.saikichi.jp/
SNS
特集一覧に戻る