人生を豊かにする器 長く使って変化を楽しむ

二本松萬古焼・二本松焼 窯元 井上窯

右から井上窯二代目・井上善夫氏、イベント企画などを行う妻のゆう子氏、長女の舞氏。家族で二本松萬古焼と二本松焼の復興に努める

伝統は絶やしてはならない。何度となく復興する萬古焼に熱い想いを寄せて。親子が作る幸せの器

二本松の萬古焼

萬古焼は三重県四日市市の伝統工芸品として知られる。だが、各地に「○○萬古焼」があるように、オリジナルから派生して根付いた各地の伝統工芸品となっている。

起源は江戸時代中期までさかのぼり、始祖は桑名の陶器問屋の跡取り息子・五左衛門弄山が始めた「古萬古」。その後、一度は途絶えた萬古焼だが、桑名の古物商兄弟・森有節と森千秋が木型を用いて成型する方法を考え出し、新しい萬古焼きとして売り出した。これが一般に「萬古焼」と呼ばれるもので、「桑名萬古」「有節萬古」ともいわれる。だがこのユニークな手法は、門外不出の扱いであったはずが、木型職人を通じて世間に漏れ出てしまうのだ。

萬古焼の手法が全国に広がると、そこに手を加えてさらなる技法を編み出す者が出てくる。進化するのである。そうして、各地に広がり、そこに根を下ろして新たな伝統工芸品として発展してきた萬古焼は福島県・二本松にも根を下ろした。

二本松にはもともと「二本松焼」という焼き物があった。二本松の職人の息子・山下春吉は異父兄が雇い入れた職人の作った畳み急須に感銘を受け、のちに丹羽家にあった有節萬古を見る機会を経てその魅力に憑りつかれ、萬古制作を開始する。これが「二本松萬古」の始祖であり、その製法は木型を用いる有節萬古の流れを汲み、二本松藩の領内の土のみを用いて作られている。茶をたしなむ者におおいに喜ばれただけでなく、明治時代の士族解体後は失業士族の新たな職業として多くの職人が生まれている。だがこれもまた、戦争などを経て廃れてしまうのである。

釉をかけずに高温で焼き締める二本松萬古焼。土の色や手触りがそのまま楽しめる。亀甲模様は井上善夫氏の得意とするところ

これを復興させたのが、「井上窯」だ。職人・井上善夫氏の父が職人を呼び寄せ、昭和35年に窯を開いたのが新たなはじまり。自身も益子で焼きを学んだ井上氏が二代目として窯を継ぎ、さらにその娘の舞氏も井上窯で制作をしている。現在二本松でこの伝統工芸品を制作しているのはわずか1社、この井上窯だけ。二本松萬古焼と二本松焼の、唯一の継承者だ。

器は幸せのシンボル

取材した日はちょうど井上善夫氏と長女・舞氏の「父娘展」が行われていた。井上窯で作る二本松萬古は父・善夫氏と長女・舞氏がそれぞれの持ち味を活かした作品を制作している。

善夫氏は独創的な大型の作品にも取り組んでいる

善夫氏は食器や雑貨のほか、数々の工芸美術展で賞を獲得しているだけあって、芸術品の大きな作品も手掛ける。一方、舞氏は特徴的な刻印のついた生活雑貨を得意とする。もちろん、二本松焼と二本松萬古焼の伝統的な手法を守っているが、なにしろ古萬古創設者の弄山は自由な発想でさまざまな手法を用いた人物。ゆえに、井上窯でもユニークな発想の興味深い作品をいくつも生み出している。

裏を返すと別のデザインのペンダント。舞氏は刻印から手作りしている

たとえば、舞氏のペンダント。陶磁器のペンダントというのも珍しいが、実はこれ、リバーシブルである。表の面と裏の面で色と柄が違うので、服装や気分によってつける向きを変えれば倍楽しめるようになっている。「萬古は軽いのも特徴のひとつですから、首から下げていても重たく感じたりはしませんよ」と舞氏の言うとおり、装着感はなかなか軽やか。ナチュラル志向の装いにぴったりとマッチしそうだ。

ティーポット:土の色がほっこりとやさしく、外側には新色の釉でかわいらしい装いとなったティーポット

釉薬も井上窯オリジナルのものがあり、さまざまにブレンドして偶然に出来上がるので、二度と同じものはできないのだとか。ほかの商品と違うきれいな色合いの器を見つけ、恋に落ちたらそれは“買い”である。“正真正銘の一品もの”だから。

手びねりだからこそ、自由に形を作ることができる。二本松萬古焼と二本松焼のよさを併せ持ったプレート。発想も使い方も自由
内側にだけいろいろな色の釉薬をぬって、カラフルで楽しい器の完成。ポップな作品も多いのが井上窯の特徴

反面、土の風合いが残る二本松萬古焼は釉をかけず、そのやさしい色合いや自然味を楽しむことができるもの。こちらは使えば使うほど艶が出てくるのだといい、長く使うことで自分だけの器に「育って」いくのだという。さらに、「土ですから、お酒や水を入れるとミネラルが溶け出して、味がやわらかくまろやかになると言われています」とのこと。なるほど、茶人によってつくられ、愛された器なだけある。自分の手の中で艶を増し、育っていくマイ器でいただくお酒はさぞおいしかろう。

「震災のとき、実は制作の手が止まってしまったことがありました。でも、炊きだしの避難所で器がなくて困ったという話を聞いて。いつもそこにあってあたりまえの器だけれど、それがあることの幸せに気づいたんです。ちょっといいものが食卓にあるだけで豊かで幸せな気持ちになりますから、前向きな気持ちでその“幸せ”を作っていこうと」。井上家によって復興を遂げた二本松萬古と二本松焼。その未来は明るく輝いているようだ。

企業情報COMPANY

企業名 二本松萬古焼・二本松焼
住所 福島県二本松市二伊滝1-456
TEL 0243-23-2195
URL http://www.inouegama.com/
SNS Facebook
特集一覧に戻る